知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 50代リフォームはハッピーリフォーム

リフォーム・リノベーション豆知識

8.50代リフォームはハッピーリフォーム

キッチンのリフォーム
1.セカンドライフを楽しむ

50代
50代のリフォームの場合、高齢化対策も大切な目的ですが、それだけではありません。
定年退職後の自由な時間を夫婦で楽しむハッピーなセカンドライフを演出するようなリフォームもあります。

30代は子育て中心でした。
幼児期から小中学校、高校、大学と、習い事や部活動、塾や受験勉強、さらには就職と、関心事は子供のことが中心だったのではないでしょうか。

子ども独立して、就職や結婚で親元を離れていきます。
すると、今度はお金や時間を自分たちにかける余裕ができてきます。
さて、子どものいない我が家のリフォーム。夫婦が暮らしを楽しむために、どのようなリフォームが考えられるでしょう。

2.キッチンは大胆にリフォーム

子育て期のキッチンは、調理・片付け・食器の洗浄を効率よく行えなければなりませんでした。
共働きで夫婦ともに忙しい中、子供の食事もてきぱきと作り、後片付けも素早く行うなど、時間短縮がキッチンに求められる機能の一つでした。また、調理しながら、子供の行動を見守ったり、コミュニケーションを取ったりできることもキッチンに必要とされた機能でした。(対面式キッチンなど)

さて、50代ハッピーリフォームでお薦めのキッチンスタイルは、キッチンを真ん中において、廻りをグルグル回ることのできる回遊動線をもつキッチンです。

出典:LIXIL WEBカタログ リシェルSI

シンクが独立したタイプやアイランド型、完全に独立したタイプなどがおすすめです。
こうしたキッチンにすることで、

  • 夫婦で食事を作ることを楽しむことができる。
  • 子どもや孫が来てみんなでワイワイと料理や食事を楽しむことができる。
  • 開放的で明るくお洒落なキッチンになる

といったメリットがあります。

また、車椅子でもスムーズに通り抜けもできるのでバリアフリーにも適しています。

3.子供部屋を大人部屋に

シルバー夫婦子どもが独立して空き部屋になったら、使いみちはいろいろです。
夫婦で使う書斎にしても良いでしょう。
趣味をそれぞれに楽しむ部屋にすることもできます。
仮に6帖程度の部屋でも、上手にパーテーションやパネルで分けても楽しいでしょう。

洒落たオフィスのようなインテリアにして、読書やパソコンを楽しむスペースにすることもできます。
体力維持のためのトレーニングルームや、オーディオルームやミニ図書館にリフォームするのも楽しいでしょう。
空き部屋をうまく活用することでセカンドライフの楽しみが増えるはずです。

4.庭を変える

庭子どもたちを楽しませるために、庭にはバーベキューコーナーや、砂場、鉄棒などが作ってあるかもしれません。
今までは時間に余裕がなくそのままにしていた庭を、ガーデニングや家庭菜園などで生まれ変わらせれば、きっと新しい喜びが発見できるでしょう。

またウッドデッキをつけるのもおすすめです。
ウッドデッキは居室から段差無しで庭に出ることができるので、移動がスムーズになり、庭も含めた生活動線が広がるので、よりアクティブな暮らしが可能です。

例えば、夫婦で天気の良い日に外で昼食を楽しんだり、友人で集まってパーティーを催したりと、これまでとは違った庭の楽しみ方が見つかるはずです。
これもセカンドライフならではの自由でゆとりのある時間の楽しみ方と言えます。

 

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る