施行事例/外溝・エクステリア

杉並区 リフォーム 会社 ミスタービルド杉並のトップ >施行事例 >外溝・エクステリア

車椅子にも対応できるように、バリアフリーのエントランスにリフォーム! 【杉並区和泉 A様邸】

外溝・エクステリアリフォーム完成!


現在のA様宅は道路から玄関に入るまでに3段ほど段差を越えなければならなく、健常者であれば問題無いですが、高齢者や障害者には困難でした。

お父様が病気で倒れられ要介護認定となられたとの事。

現在は自立歩行が出来ますが、 将来万が一車椅子になっても大丈夫なように、スロープにバイアフリー工事を施す事にしました。

手前のアルミ両開きの門扉は全て撤去、床面を一度解体して道路から玄関入口までをバリアフリーにリフォームします。

その際、道路から玄関までの最短距離を選ぶと急勾配になり、たとえバリアフリーになったとしても歩行は難しそうです。そこで、 歩行距離は長くはなりますが、庭側に緩やかな勾配で経路を確保し、踊り場的スペースで方向転換して玄関に向かうようにしました。
万が一の場合に備え手すりも設置し、健常者用にはすぐに玄関に行けるように手前に階段を設けました。
通路の幅も車いす対応の幅になっており、勾配も介助者が出来るだけ楽に押せるような緩やかな勾配に生まれ変わりました!

※クリックで上の画像が拡大します。

工事内容 玄関スロープ工事
リフォームのきっかけ 家族が要介護になり、将来のために玄関をリフォームしたい。
ご要望 将来車椅子になっても介助者の負担が極力軽減出来るような玄関スロープにして欲しい。
リフォーム金額 約55万円
工期 1週間