介護リフォーム

杉並区 リフォーム 会社 ミスタービルド杉並のトップ > 介護リフォーム(介護保険利用のリフォーム) >快適なトイレ

快適なトイレ

トイレの危険性

高齢者の、便器に座ったり、立ち上がったりの動作は、支えるものがないと転倒の恐れがあります。
そこでトイレにも手すりがあると安心です。
また、和式便器よりも洋式便器のほうが立ち座りの動作が楽なので、和式便器であれば洋式便器にリフォームするとよいでしょう。和便器から洋式トイレへの交換は介護保険の住宅改修費の支給対象となります。



トイレの手すり

洋風便器の脇にL字型に設置します。長さは横の棒が約600mm、縦の棒が約800mmが一般的です。直径は28~32mmで握りやすい太さで、素材は木製が温かみもあり、冷たくなりにくいのでお薦めです。
リフォームで手すりを後付けする場合、手すりの丸棒を固定する金具(ブラケット)を直接壁の間柱にネジで止めようとしても、間柱の幅よりも金具の幅のほうが広いので、上手く留まりません。そこで、ブラケットベースという板(受け材)をまず、間柱にしっかりと固定して、手すりの金具を取り付けます。
手すりの設置位置ですが、横棒は便座の蓋をした状態で、蓋の上面から220~250mmの高さに、縦の棒は便器の先端から220~250mm前方に芯がくるように設置します。



安全で使いやすいトイレのために

トイレの床は手洗いの水がこぼれたり汚れたりするので、滑りにくく掃除しやすい床材にしましょう。クッションフロアなどビニール系のものや、フローリングが適しています。
また、出入口のドアは引き戸あるいは、開き戸でも必ず外開きにします。これは万が一中で倒れた時に、ドアが内開きだと、倒れている人の身体にドアがあたってしまい、開かなくなることがあるからです。
トイレは外との寒暖差がないように場合によっては小型のパネルヒーターを付けると快適です。また、高齢になるとトイレの使用頻度は高くなり、また我慢しにくくなります。寝室の近くに設置すると良いでしょう。



その他の設備

温水洗浄便座は温水で洗浄する清潔で便利なものですが、右半身が不自由な場合などは便座本体のスイッチを使用しにくいので、リモコンスイッチを利用するとよいでしょう。
通常便器の水を流すにはレバーを前後させますが、これもリモコンで出来るタイプがあるので、検討したいところです。
ペーパーホルダーも片手でトイレットペーパーを切れるタイプがあります。交換も片手で可能です。半身に麻痺などある場合に適しています。




杉並区での介護保険利用のリフォームは、ミスタービルド杉並へお気軽にご相談ください。
↓↓↓

▲ ページのトップへ戻る