介護リフォーム

杉並区 リフォーム 会社 ミスタービルド杉並のトップ > 介護リフォーム(介護保険利用のリフォーム)>高齢者に快適な住環境

高齢者に快適な住環境

高齢者にとって、住まいを暮らしやすく安全にするために考えなくてはいけないことはたくさんあります。 リフォームする上で、考慮しましょう。



照明照明計画

年を取り、視覚機能が低下すると、色彩の区別がつきにくく、暗い場所ではよく見えなくなることがあります。 これは、つまずいたり、ぶつかったりという事故を起こしかねません。 また、暗い部屋では気持ちも沈みがちになります。
居室への日当たりが充分でない場合は、居間や寝室の高齢者の座る部分に照度の高い照明をつけて明るくしましょう。
ただし、ベッドに横になった時に照明の光が直接目に入ると眩しいので、間接照明などを取り入れて工夫しましょう。
玄関や廊下には明るさ感知式スイッチや、人感スイッチを取り入れると、自動的に明るくなり、思わぬ転倒や怪我を防ぐことが出来ます。



インテリア

高齢者には落ち着いた感じの茶色や灰色などの色彩が適しているとイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、それでは変化に乏しく重い雰囲気になってしまいます。
高齢者基本は疲れない明るい色を基調として、アクセントとして鮮明で華やかな色やデザインを一部取り入れても変化が出て楽しいものです。
洗面室やトイレは、柄の入った壁紙でもうるさくならないので、積極的に採用しましょう。気持ちを晴れやかにし、心も明るくなるはずです。
ただし、便器や洗面器は、健康状態をチェックするために必ず白とします。
寝室や居間に家族の写真を並べたり、好きな飾りを置いたりすることで、気持ちをリラックスさせ、楽しい雰囲気になります。



冷暖房への配慮

高齢者には、温度差が血圧の上昇に大きく影響しますので、室温に十分な配慮が必要です。
冷暖房は部屋ごとに行うタイプと、セントラルヒーティングなど建物全体で行うタイプにわかれます。
インテリア東京の住宅では個別方式が一般的ですが、寒暖差の少ない全館空調システムも普及してきています。
暖房方式には、温風により室内を温める対流暖房(エアコン、ファンヒーターなど)と、床暖房のような輻射暖房があります。
対流暖房は短時間で室内が暖まりますが、室内の空気を対流させるので、ほこりなども回っていまい、空気が汚れることがあります。
輻射暖房は立ち上がりに時間がかかりますが、室内に温度差が生ぜず、ホコリも立たないので、快適です。高齢者の寝室や居間のリフォームで床暖房は検討する価値があります。



杉並区での介護保険利用のリフォームは、ミスタービルド杉並へお気軽にご相談ください。
↓↓↓

▲ ページのトップへ戻る