介護リフォーム

杉並区 リフォーム 会社 ミスタービルド杉並のトップ > 介護リフォーム(介護保険利用のリフォーム)> 高齢者を助ける組織と人

高齢者を助ける組織と人

私達の住む街には、私達の健康や福祉のために援助をする組織があり、またそこで働く人たちがいます。
どのような組織があり、人がいるのか見ていきましょう。



高齢者を助ける組織と人地域包括支援センターとは

地域住民の心身の健康維持、生活を安定させるための援助など、総合的なケアマネジメントを担う中心的な機関です。
運営主体は市区町村または市区町村の委託を受けた在宅介護支援センターなどの運営法人になります。
保健師、主任介護支援専門員、社会福祉士の3者が配置され、高齢者やケアマネージャーの相談に乗ったり、援助をしたりしています。



介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護保険法に基づき、高齢者本人に代わって、要介護認定の申請や、その心身の状況、生活環境を考慮しながら、サービスの種類、内容、担当者を定めた介護サービス計画を作成するなどの業務(ケアマネジメント業務)を行います。
訪問介護やデイサービスなどの利用の相談に応じ、業者の手配や申込手続きなども行ってくれます。
利用者に適したサービスの紹介、医療との連携、費用計算などの、色々な面からサポートします。
要介護者にとって、頼りになる存在です。



理学療法士

医師の指示の下に、身体に障害のある方に、基本的な生活動作能力が回復できるよう、筋力の増強などの運動療法や、マッサージ、温熱、電気などの物理療法を行います。
基本的な生活動作とは、寝返り、起き上がり、立ち上がり、車椅子やベッドへの移乗、歩行などを指します。



作業療法士

医師の指示の下に、身体または精神に障害のある方に、手芸、工作他の作業を行い、動作や、社会的適応力の回復を図るため、治療、指導、援助を行います。老人保健施設のリハビリテーション、通所・訪問リハビリテーションなども行い、高齢者や障害者の自立と社会参加を支援します。



住環境福祉コーディネーター

高齢者や障害者の住みやすい住環境を整備する役割を担い、利用者や家族の要望に基づき、建物の状態や、利用者の心身状態を把握しながら、快適な生活が出来るようにリフォームなどの提案を行います。
また、建築、医療、介護、行政それぞれの役割を理解し、調整します。

介護保険住宅改修の申請に必要な理由書の作成をすることも出来ます。(2級以上)



杉並区での介護保険利用のリフォームは、ミスタービルド杉並へお気軽にご相談ください。
↓↓↓

▲ ページのトップへ戻る