介護リフォーム

杉並区 リフォーム 会社 ミスタービルド杉並のトップ> 介護リフォーム(介護保険利用のリフォーム)> 介護保険と住宅改修

介護保険と住宅改修

介護保険制度とは介護保険制度とは

年を取ることで生じた、心や体の変化を原因とする病気などにより、誰かの助けを借りないと日常生活が困難になられた方を要介護者といいます。
要介護者に保健、医療、福祉サービスを給付する仕組みを介護保険制度といいます。要介護者が尊厳を保って、日常生活を送れるよう助けることを目的としています。



要介護認定の資格

介護保険のサービスを受けるためには、要介護認定の申請が必要です。
窓口は杉並区の場合、地域包括支援センター(ケア24)または区役所介護保険認定係になります。
申請できるのは、65歳以上の方で、日常生活を送る上で、介護が必要になった方、または40歳以上65歳未満の医療保険の加入者で、老化に伴う特定の病気(16種類あります)が原因で介護が必要になった方になります。


要介護申請の流れ

要介護状態は心身の状態に応じて、要支援1、2要介護1~5に分かれます。
これを要介護状態区分といい、区分に応じて在宅サービスの利用限度額が変わります。
申請には申請書の他、主治医(かかりつけのお医者様)がわかるものが必要です。
申請後、区が委託した事業所の調査員または区職員が自宅を訪問し、心身の状況について本人や家族から聞き取り調査を行います。
この調査結果はコンピューター処理され、要介護状態区分が示されます。(一次判定)
次に、区が主治医に直接作成を依頼した意見書と一次判定結果及び訪問調査の特記事項をもとに介護認定審査会が要介護状態区分を判定します。(二次判定)
この判定に基づいて区が認定し、結果通知と保険証が本人に送付されます。



介護保険の住宅改修費の助成

介護保険では要介護者が自宅に手すりをつける、段差を解消するなどのリフォームを行った場合に、20万円を限度として、9割相当額が支給されます。要介護状態区分による差異はありません。
ケアマネージャーとの相談からはじまり、一連の手続きと改修工事を完了させると、住宅改修費が支給されます。



杉並区の住宅改修給付事業

介護保険の要介護認定結果が「非該当」の方も、住宅改修を給付する制度があります。
内容は、階段、トイレ、浴室などの手摺の取付工事、和式から洋式トイレへの取替工事などになります。
一人につき20万円までを限度として、改修費用の1割を負担することでこの給付を受けることが出来ます。 相談窓口は地域包括支援センターになります。



※上記情報は2014年4月現在のものです。
介護保険、介護保険利用のリフォームについての最新情報は、お住まいの市町村などにご確認ください。


杉並区での介護保険利用のリフォームは、ミスタービルド杉並へお気軽にご相談ください。
↓↓↓

▲ ページのトップへ戻る