知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >スレート屋根のリフォームについて~塗装~

屋根・外壁のリフォーム豆知識

3.スレート屋根のリフォームについて~塗装~

屋根のリフォーム


スレート屋根とは


ケイミュー(旧クボタ)のカラーベスト・コロニアルに代表されるスレート屋根は、一戸建てでは一番多く使われている屋根材で、街でもよく見かけます。

まずはこのスレート屋根のリフォームについて説明します。

スレート屋根のリフォームは築年数ごとに塗装・カバー工法・葺き替えの3種類あり、この章では塗装工事について説明します。

 

スレート屋根の塗装


屋根の塗装スレート屋根は築10年を過ぎると、表面の劣化が始まります。

 

スレートは水を通さない素材なので、表面が劣化してもすぐに雨が漏れるというようなことはありません。
しかしながら、表面の塗装は10年程度が限界です。
スレートは、そのまま放置しておいても水を通すことはありませんが、表面塗装が劣化すると水を吸収することがあります。

冬期になるとこの染み込んだ水が凍結膨張してスレートを徐々に破壊していくことが考えられます。
また、塗装が欠けると、汚れや苔が付着し、色が褪せてきます。
塗装は建物の美観を維持するためにも必要な工事になります。

 

塗装の時に下地の検査も


家の点検10年目は建物にとって、いわば第一回目の総点検の機会で、車で言うと車検に相当します。

 

屋根の塗装をする時に、下地の点検を必ず行いましょう。
天井裏を目視で確認すれば良いので、リフォーム会社の担当に見てもらうと良いでしょう。

 

風雨から家を守っているのは屋根材だけではありません。下地や、雨樋などもこの機会に点検してもらい問題の有無を確認します。

 

塗装の手順


まず屋根についた汚れを除去するために高圧洗浄をかけます。

これは水で洗うというより、高い圧力の水で汚れを削るといったイメージです。
きちんと洗浄をしないと塗料が載らずすぐに剥げてしまうので、これは大切な作業です。


スレート屋根は棟(むね:屋根の頂部)などに鉄板を使っている場合があるので、この部分の汚れや弱った塗膜、サビ等を取り除く作業を行います。これをケレンと言います。


屋根下地の洗浄が終わると次にスレートの下塗りを行います。
下地の吸い込みを止め、上塗の密着を良くするために行います。この時鉄部には錆止めを塗布します。


下地処理が終わるといよいよ上塗りになります。
好みの色で再塗装され、屋根は美しく生まれ変わります。


上塗り完了後大切な作業が「縁切り」です。
スレート屋根は塗装することによって上下の重ね目が張付いてしまうことがあります。
スレート板とスレート板の間に隙間が無くなると、内部に入り込んだ水が出口を失い、雨漏りの原因になったりすることがあります。
そこで、塗装によりくっついてしまったスレート板同士の重ね目に切れ目を入れていく作業が必要になります。


屋根の塗装工事と一口に言っても、きちんとした手順と注意が必要です。
信頼の置けるリフォーム会社に依頼するのが良いでしょう。

 

※画像はイメージです。

 

屋根・外壁のリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る