知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >オール電化住宅へのリノベーション

リノベーション豆知識

7.オール電化住宅へのリノベーション

オール電化住宅へのリノベーション

 

オール電化住宅とは


オール電化のリノベーションそもそもオール電化住宅とはどういった住宅なのでしょう。
それは、調理や給湯、冷暖房などの住宅の設備を全て電気でまかなう住宅を指します。

具体的に言うと、エコキュートという貯湯式の電気温水器とIHヒーターを備えている住宅ということです。
住宅の場合、一般的にはお風呂のお湯を沸かしたり、料理をしたりする場合ガスを使用しますが、これらの熱源を電気に変えるのがオール電化住宅です。

ガスより電気のほうが電気に比べ光熱費が高いイメージがあるのではないでしょうか。
実は意外にそうでもないのです。それでは、オール電化住宅の仕組みとメリットについて説明します。

オール電化住宅の仕組みと光熱費

オール電化住宅の仕組みオール電化住宅の基本となる装置は「エコキュート」と、「IHヒーター」です。
そして、オール電化住宅の一番の特徴は電力会社との契約の仕方です。

オール電化住宅の場合は、「季節別時間帯別電灯」という契約に変えます。
これは、23:00以降朝までの深夜の時間帯の電気料金を格安にしたメニューです。
電力会社にとって消費電力の落ちる深夜は悩みの種でした。そこで、深夜の時間帯に電力を消費してもらえるのであれば、安くしますよ、また深夜電力を使う機器も提供しますよ、という発想で生まれてきたのがオール電化住宅なのです。


エコキュートは深夜電力を使ってお湯を沸かし、タンクに貯湯しておきます。
お湯の温度は90度と高温なのでこれを水と混ぜて適温にしてキッチンや洗面、浴室の水回りに供給します。
また、食器洗い乾燥機や電気炊飯器、全自動洗濯機などはタイマーを利用して、深夜時間帯に作動させます。

こうして光熱費を安く抑えることが可能になり、東京都のオール電化住宅の平均は月々14,000円程度(東京電力調べ)となります。

オール電化住宅へのリノベーションのタイミング


オール電化住宅オール電化住宅の導入のタイミングとして、浴室やキッチンなどの交換を考えた時が良いでしょう。

オール電化事住宅の導入の目的として光熱費の節約とするのであれば、最も電気代のかかるエアコンなどの冷暖房設備を効率よく運転させるため、断熱材の充填など、建物全体の断熱性能を高める工事も検討するとさらに光熱費の抑制が可能になります。

また、コンセントやスイッチの位置や数の変更をしたり、照明をLEDにしたりと、家中の電気設備を見直すとよいでしょう。

その他のメリット

オール電化住宅オール電化住宅のメリットは光熱費を抑えることにあると前述しましたが、他にもメリットがあります。
オール電化の機器の一つであるIHヒーターは、「燃焼」しないため、室内に排ガスや室内に排ガスや過剰な水蒸気が発生しません。

室内の空気をクリーンに維持できるので、ダニなども発生しにくくなり、アレルギー疾患の予防効果も期待できます。 また、火を使わないので、火傷などの心配が減ります。

特にお年寄りの調理中における着衣への燃え移りを回避することができるので、安心です。
不完全燃焼による一酸化炭素中毒などの心配もありませんので、安全と健康面でもオール電化住宅にはメリットがあります。

 

 

リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る