知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >二世帯住宅へのリノベーション その2

リノベーション豆知識

2-2.二世帯住宅へのリノベーション その2

二世代住宅のリノベーション

はじめに


子供とお風呂
前章では、二世帯住宅の理想のスタイルに正解はないというお話をしました。
家族それぞれに答えがあるということです。

 

その答えを探す上で、二世帯住宅のスタイルの違いによるメリットとデメリットについて理解しておくことが大切です。

 

完全分離型二世帯住宅


二世帯住宅の完全分離スタイルとは、玄関から水回りまで親世帯と子世帯で分けて使うスタイルで、共有部分はありません。親と子でお隣さん同士のように生活するということです。


メリットは、暮らし方や食べ物の好みなど、様々な生活習慣の違いを原因とするトラブルが起きにくいことです。
また、居住空間が完全に分かれているため、光熱費の負担割合などに煩わされることもありません。

洗面所
さらに、将来的に同居が解消された後でも、賃貸として貸し出す、あるいは兄弟姉妹の家族と使用するなど、柔軟に対応できるのもメリットです。


デメリットとしては設備機器など全て二重になるので建築コストがかかることです。また、互いのプライベートを尊重しすぎて、子育てや介護など本来的な家族の機能が低下する恐れもあります。

 

部分同居の二世帯住宅


玄関や水回りなどを親子世帯で、共同で使うタイプで、リノベーションにも向いています。


メリットは、建築費を抑えることができ、完全分離スタイルのように部屋数を確保するために建物の面積を増やしたり、折角ある庭をつぶしたりという無理が少ないことです。共用部分が多いので、個々の部屋、例えばリビングや食堂、寝室などゆったりと取ることも可能です。


キッチンデメリットは共用部分が多いため、生活習慣の違いによるトラブルやストレスの発生です。
そのため事前の綿密な計画と打ち合わせが必要です。


例えば、子世帯が共働きなので、子供の食事や洗濯・掃除などを親世帯に分担してもらい、そのかわりに光熱費など負担するなど、お互いにメリットのあるルールを作り、上手に運営ことで、前述のデメリットをメリットに変えることもできるかもしれません。

 

完全同居の二世帯住宅

 

通常の一家族向けの住宅に二世帯が同居するスタイルです。
リノベーションにかかる費用は節約しやすく、増築や共同住宅への用途変更など、場合によっては必要となる確認申請なども必要ありません。

 

また、親子世帯間の距離が近いので、子育てや介護など、お互いに手助けし合えるでしょう。
その分、世帯間の摩擦やストレスは発生しやすく、プライバシーの確保がむずかしいので、お互いに我慢して暮らすことになるかもしれません。


解決策としては、それぞれの世帯のプライバシーを守ることができるスペースを作ることです。
小さくてもいいので、それぞれ世帯専用のミニリビングがあると、プライバシーを確保でき、お互いにリラックスできる時間と空間を保つことで、快適に生活することができるでしょう。

 

二世帯住宅のリノベーション

 

リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る