知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 2.二世帯住宅のリフォームのスタイル その1

リフォーム・リノベーション豆知識

2.二世帯住宅のリフォームのスタイル その1

2世帯住宅のリフォーム
二世帯住宅リフォームの3つのスタイル

2世帯住宅のリフォーム二世帯住宅リフォームの場合、既存建物の大きさや敷地の広さなどの物理的な制約と、どこまでそれぞれの家族の専用エリアを設けるかにより計画のボリュームが決まってきます。つまり、共有スペースをどこにするかという調整です。

共有にするかどうか検討するスペースとしては、玄関、階段、浴室・トイレなどの水回り、LDKといったスペースです。
これは、各家族の要望と、実際的な建物、敷地の面積、さらにリフォームの予算によって、優先順位が付けられてきます。

こうした共有スペースの割り振りを考えるのと同時に、二世帯住宅の分け方についても、考えなければなりません。
分け方とは、以下3つのスタイルがあります。

1.縦割り(2家族左右にスペースを分け合うスタイル)
2.上下階(2家族が上下に分かれて住むスタイル)
3.混合スタイル(玄関、階段を共有するスタイル)

既存建物の間取りや、大きさ、敷地の面積によって、採用できる場合とそうでない場合がありますが、以下それぞれのスタイルのメリット・デメリットについて説明します。

縦割りプラン

2世帯住宅のリフォーム親世帯子世帯を左右に分けてそれぞれのスペースを確保する方法です。基本的に玄関から、居間食堂、キッチン、水回り、各居室を全て独立して保有することがやりやすいスタイルです。場合によって、玄関までのアプローチも分けて作ることも可能です。

【メリット】
共有部分もほぼ無く、上下階の音の問題も気にせず、独立性の高いプランです。必要なときだけコンタクトを取ればよく、隣に住んでいるという感覚で暮らすことができるので、世帯間の軋轢はほとんど生じないでしょう。

【デメリット】
縦割りのプランを実現させるためには、建物あるいは敷地の面積に余裕が必要です。狭い敷地に独立した機能を持つ2つの2階建てを作ることになるので、無理に詰め込むと却って生活しづらい建物になってしまいます。

敷地形状によっては陽当りに不均衡が生じることもあります。
東西に長い建物・敷地であれば、東を向けるか西を向けるかによって、朝日の気持ちよさや、冬の西日の暖かさなど諦めなくてはならない場合もあるでしょう。
南北に長い場合、さらに問題で、北側によった住居は陽当りそのものが悪くなります。
この場合、天窓や吹き抜けの活用、2階に生活スペースを設置するなどの工夫が必要です。

独立性を保ちやすい縦割りプランですが、敷地条件等によりリフォームの費用も嵩みがちなプランと言えます。
両親の高齢化に合わせて、2階居住スペースへのエレベーターや階段昇降機による移動も将来的に設置可能な配慮も必要となります。

 

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る