知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > パナソニックのマルチワイドIHで調理スピードを高速化

リフォーム・リノベーション豆知識

2.パナソニックのマルチワイドIHで調理スピードを高速化

キッチンのリフォーム
1.IHの魅力は「進化する」こと

キッチンのリフォームキッチンリフォームを考えた時、加熱調理器にIHは人気です。
人気の秘密は、

  • 炎を使わないので安全。
  • 高火力なのでてきぱきと調理を進めることができる。
  • 表面に凸凹がなく掃除がしやすい。

などが挙げられますが、加えて、機能の進化の早さも魅力の一つといえます。

例えば、従来はできなかったフライパンでのあおりも、瞬間的に温度変化を検知し素早く高温に持ち直す「光火力センサー」という新しい検知装置の登場により可能になりました。
他にも、IHには苦手と言われた煮込み料理を、コイルの配列の工夫と電子制御により、ガスより上手にできる機種も登場しています。

今回紹介するのは、ヒーターの配列を変えることで、調理の効率を高めたパナソニックの「マルチワイドIH」です。

2.マルチワイドIHとは

通常従来のIHの場合、ガスと同様にヒーターの並び方は手前に大型タイプが2口並び、その奥に低火力のヒーターを1口と、丁度三角形をつくるように配置されていました。
3口タイプであれば、当たり前の配列ですが、以下のような弱点もあります。

  • 奥のヒーターが、手前のメインのヒーターの後ろにあり、手を伸ばさなくてはならず、使いづらく危険である。
  • 二人並んで作業するにはやりにくくて危険である。

以上の欠点を克服するために、パナソニックのマルチワイドIHは、コンロ4つ分を横並びに配置しました。


パナソニック HPより

3.マルチワイドIHのメリット

(1)4つの作業を同時進行できる。
4つのコンロを使って、4種類の異なる調理を行うことができます。
煮る、焼く、保温を同時に行うことができるので、効率よく調理を進めることができます。特に朝食など、スープを暖める、目玉焼きを作る、お湯を沸かすといった動作を同時に行うことができます。

(2)二人並んで作業できる
煮たり焼いたりという作業を、朝など忙しい時二人同時にできれば大変効率的です。
また、効率的なだけでなく、夫婦で役割分担をして調理を行うことで、凝った料理を楽しむこともできます。

(3)使用できる調理器具が増える
IHはガスのようにゴトクが存在しないため、調理スペースは完全に平らです。
この平らであることを利用して、ヒーター2つ分をまたいで同時使用できるように考えました。
これまで通常のコンロでは使うことのできなかった大型の調理器具、例えば横長のオーバル鍋なども使うことができるようになりました。


パナソニック Lクラスキッチン WEBカタログより

(4)新しい作業スペースの誕生
ヒーターを並列したことにより奥行きが短くなり、手前にスペースができました。これにより調理の道具や調味料など、調理中に使うものを置くことができるので大変便利です。
この新しい作業スペースを活用することができるので、幅の広いヒーターですがキッチンの間口は1950mmから対応可能です。


パナソニック Lクラスキッチン WEBカタログより

マルチワイドIHの検討したい点
これまでにない使い勝手の良さを実現したマルチワイドIHですが、横幅を確保したためにグリルの設置をしていません。
グリルの替わりに、フライパンや蓋付きロースターの利用を提案しています。
魚を焼く場合、どうしても油や煙が気になるところ。魚を焼くことが多いご家庭では検討が必要です。

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る