知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 夏の日差しを遮り快適生活

リフォーム・リノベーション豆知識

7.夏の日差しを遮り快適生活を実現

リビング
はじめに

強い日差夏の住まいを温度は窓からの熱射が約70%を占めます。

つまり、窓からの強い日差しを避け、熱の流入を防ぐことで建物内の温度を下げることができます。

省エネ効果の高い日差しを遮るリフォーム商品を紹介します。

 

ルーバーで日差しを遮る

ルーバーYKKapの日射遮蔽スライディングオープンルーバーは、雨戸のように窓に付けるアルミ製のルーバーです。
スライディングタイプなので、横に引くと窓はオープンになります。

夏期の日差しの強い時期はブラインドと同様にルーバーの角度を調整して、日差しを遮ります。
ルーバーなので、風はよく通り、涼しさを保つことができるので、エアコンの使用量を減らすことができます。

冬期の日差しの欲しい時は横にスライドして全開にすることができます。

日差しを遮るシェード

すだれ「よしず」や「すだれ」のように軒に吊るしたり、立てかけたりして日差しを遮る工夫は古来より先人の知恵として今でも省エネに効果を発揮してくれています。

YKKapの「アウターシェード」やLIXILの「スタイルシェード」は耐候性・耐久性の高い生地を使用したシェードを広げて日差しを遮ります。

使わない時は、シェードは窓の上に設置した細くスマートなボックスにロール状に格納されるので、場所を取りません。
シェードはまっすぐに降ろして日差しを遮ることもできますが、斜めに引き出して、バルコニーの手摺につなげて広げて使うこともできます。

日差しの角度やバルコニーの使い方に応じて様々に対応できます。

使い方色々グリーンバー

ゴーヤ「よしず」や「すだれ」を使いたいが、シャッターや雨樋が気になって設置できない。

ゴーヤやへちまなどつる植物を育てて、日差しを遮りたいが、うまくネットが張れない。などで困ったことはありませんか。

YKKapの「グリーンバー」は窓の上にアルミ製のバーを設置し、よしずを立てかけたり、すだれを吊るしたりすることが簡単にできます。

また、ゴーヤやヘチマのネットを結びつけることでグリーンカーテンを美しく作ることができます。

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る