知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 快適お風呂生活

リフォーム・リノベーション豆知識

1.快適お風呂生活

露天風呂
お風呂は危険な場所?

寒い風呂浴室は家庭内事故を予防するために注意が必要な場所です。

特に冬場は、ヒートショックと言って、入浴の際の急激な温度差により、血圧や血流が急変し、倒れて怪我をしたり、場合によっては浴槽で溺死したりということがあります。

浴室のリフォームを考えた時は、お風呂の怖さをよく知り、安全なお風呂を目指したいものです。

この章ではPnasonicの「リフォムス」のユニットバスルームを通じて、安全で快適なお風呂について説明します。

お風呂を暖かくする

浴室お風呂が危険になるのは特に冬場です。冬場よく暖められた居室から、温度の低い浴室に裸で移動する時、大きな負荷が身体にかかります。

Panasonicのリフォムスは、「カビシャット暖房換気乾燥機」で温風を浴室内に送り、「すごポカフロア(床暖房)」が輻射熱で連動して暖房開始、およそ10分で浴室全体を温める仕組みになっています。

浴室は床、天井、壁に断熱材が入っている上に気密性が高いので、温めやすく冷めにくくなっています。そのため、暖房乾燥機と床暖房を併用しても、電気代は年間わずか約320円で済みます。 また、カビの予防にもこうかがあり、お掃除も楽になります。

酸素美泡湯

アヒル隊長Panasonicのリフォムスのお風呂には「酸素美泡湯(さんそびほうゆ)」という機能があります。
これは、直径およそ18μnという微細な泡を浴槽内に発生させる仕組みです。

酸素美泡湯は、約39℃のぬるめのお湯でも身体を温めることができます。また、湯上り後もぽかぽかした暖かさが持続します。
さらには、泡の効果で肌のしっとりとした状態が長続きします。

シャワーだけでも暖まる

シャワーPanasonicのリフォムス・バスルームに設置される「THEシャワー」は、長い2本のアームに各5個計10個のノズルを設置し、円錐状にきめ細かくシャワーを噴射し、体全体にシャワーをあてます。

アーム内で水を旋回させてから射出するので、お湯はまんべんなく広い範囲にあたるので、効率よく身体が温まります。
使用水量も節約できており、1分間におよそ9Lと、一般的なハンドシャワーと同等です。

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る