知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > キッチンの寿命を目安にリフォームを検討しましょう

リフォーム・リノベーション豆知識

キッチンのリフォーム

2. キッチンの寿命を目安にリフォームを検討しましょう

キッチンのリフォームは、水回りのリフォームの中でも失敗の多い箇所です。なぜなら、キッチンリフォームには、さまざまな選択肢があるので、その中で、しっかりと確認することも多いからです。

トイレや浴室のリフォームの場合は、広さが限られていたり、選べる設備が少なかったりしますが、キッチンは、形の種類だけでも豊富にあります。

例えば、ダイニングの方を向いて調理ができる「対面型」、キッチンが壁から独立している「アイランド型」、調理台、コンロ、シンクが横一列になった「I型」、シンクとコンロが90度で向かい合う「L型」があります。それに、寸法はその家の間取りによって異なりますし、使い勝手のこだわりも使う人によって違うのです。

キッチンリフォームは失敗が多い…と聞くと、「まだうちはやらなくても良いかな?」と思われてしまいますが、キッチンまわりの設備には寿命があるので、それを目安にリフォームを検討した方が良いでしょう。

例えば、水道や蛇口は8年~10年、換気扇も8年~10年、食器乾燥機は10年、ガス給湯器は10年で電気給湯器だと15年が目安です。調子が悪いだけなら修理や買い替えで済むことがありますが、いろいろな箇所で何度も修理しているのなら、リフォームした方が安いこともあります。

設備の不調が出てきたり、より使い勝手の良いキッチンを望んでいたりする場合は、理想的なキッチンを具体的に家族で話し合っておくと良いでしょう。慌ててリフォームすると、失敗や後悔につながります。

 

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る