知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 天然素材の力 無垢の床 その1

リフォーム・リノベーション豆知識

5.天然素材の力 無垢の床 その1

フローリングの上の家族
無垢の床材

フローリングの上の家族新築やリフォームで人気の床材と言えば木質のフローリングです。
カーペットに較べて掃除がしやすく清潔で、見た目も自然で美しい素材です。

フローリングは大きく分けると無垢と複合フローリングに分けられます。
複合フローリングは、薄い板を何枚か重ね合わせたもの、木材をチップにして固めたもの(MDFなど)を芯にして、表面だけ薄い板を貼ったものなど様々です。

無垢板は切り出した一枚の板で、自然で優しい風合い、柔らかで暖かな感触、美しい木目などが特徴です。
一口に無垢のフローリングと言ってもいろいろな種類があります。この章では無垢板について説明しています。

無垢フローリングのメリットデメリット

【メリット】
無垢フローリングは、一つとして同じ模様の板はなく、経年変化により、色が変わり、表情に深みが増していきます。この美しさは、複合フローリングでは味わうことはできません。

無垢フローリングには機能性でも以下のような優れた点があります。

  • 断熱性・保温性が高い。(無垢は空気を多く含むため)
  • 室内の湿気が多いと水分を吸収し、乾燥すると放出する調湿機能がある。
  • 適度な弾性があるので、足腰への負担も軽く、体に優しい。

フローリングのリフォーム【デメリット】
無垢フローリングは、自然素材であるがゆえに、湿度の変化によって、膨張したり収縮したりを繰り返します。

このため、反りや割れなどが生じる場合があります。
また、材料そのものが高価な上に、一枚一枚張っていく手間もありどうしても高額になっていしまうので難点と言えます。

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る