知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > お湯をかしこくつくるプチリフォーム

プチリフォーム豆知識

5.お湯をかしこくつくるプチリフォーム



高効率給湯機の時代


給湯毎日お風呂やキッチンで使用する、暮らしに欠かせない「お湯」は給湯機で作られます。
給湯機の寿命は10年から15年と言われていますので、10年以上使用し、お湯の温度が安定しない、とか、給湯機から異音がするなどという時は取替時かもしれません。

 

ある日突然停止してしまったら、お湯が使えず大変不便です。
また、壊れたからと言って、すぐに交換できるものではないので、調子が悪くなったら、とりあえずリフォーム会社に相談すると良いでしょう。


給湯機は、環境配慮と省エネを背景に進化を続けています。

従前の機器と較べ、光熱費が格段に安くすむものがあり、 それは「高効率給湯機」と呼ばれる給湯機で、いくつか種類があります。
高効率給湯器への交換というプチリフォームで、光熱費を抑えることが出来るでしょう。

高効率給湯機の代表は、電気を熱源とする「エコキュート」、ガスを使う「エコジョーズ」のふたつがあります。

 

電気でお湯を沸かすエコキュート


エコキュートは貯湯タンクに水を貯めて、これを安価な深夜電力を利用して温め、日中や夜間に利用します。
エコキュートは、大気中の熱を空気熱交換器で自然冷媒に効率よく吸収させ、高温になった冷媒で水をお湯に変える仕組みです。


貯湯タンクのお湯は90度と高温なので水と混合させて、ふんだんに使うことが来ます。
エコキュートのポイントは深夜電力を使うことです。
一日中電気の単価が同じである従量電灯B・Cと呼ばれるスタンダードな電気の契約では、メリットが出にくいので「電化上手」などの、深夜電力を安価に設定した電気の契約に変更します。


IHコンロエコキュートに変更するのであれば、コンロもIHヒーターに変更するとメリットが膨らみます。
ガスを使わずに電気で全てまかなうので、オール電化と言います。
メーカーによる試算では、一般的な家庭で、電気とガス併せて月額18,000円の光熱費を、オール電化の場合は、7,490円に抑えられるようです。

 

エコジョーズ


エコジョーズはガスによる給湯機で、従前型と違うのは効率の良さです。


これまで捨てられていた排気熱を再利用することで、従来では約80%程度であった給湯熱効率を95%に向上させています。少ないガス使用量でお湯をたくさん沸かすことができるということです。

メーカー試算によると、年間で約16,500円光熱費を減らすことができるそうです。

 

省エネ住宅ポイントのポイントについて


ガス省エネを目的とした改修工事に対して、名産品やプリペイドカード、商品券などに変えることのできる省エネ住宅ポイント制度がスタートしています(国土交通省による)。

上記の高効率給湯機工事はポイントの対象となります。
但し、窓や壁などの断熱改修工事と同時に行わないのであれば、高断熱浴槽や節水トイレの設置など、省エネ住宅ポイント制度で決められた他の設備工事と併せて、3種類以上の工事を行うことが条件となっています。高効率給湯機交換のポイントは24,000ポイントです。(ポイントは金額に換算すると1p=1円の目安になります。)

尚、対象となる高効率給湯機は前述の他に、石油によるエコフィール、ガス利用のエコウィル、電気・ガス併用のハイブリット給湯器などがあります。家族構成や生活の仕方によって一番良いタイプが決まるので、リフォーム会社に相談すると良いでしょう。

 

 

小さなリフォーム・プチリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る