知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >浴室を省エネ・快適にお得なプチリフォーム

プチリフォーム豆知識

4.浴室を省エネ・快適にお得なプチリフォーム

浴室リフォーム


浴室を交換すると省エネになる

在来の浴室(コンクリートやタイルで作った昔ながらの浴室)をシステムバスに取り替えると、様々なメリットがあります。

 

お風呂の交換というと大工事をイメージしてしまうかもしれませんが、最近のシステムバスはリフォーム用に工夫されているので意外に短期で工事できます。

また、在来の浴室の場合、ヒビ割れなどから水が漏れて、根太(ねだ)や土台が腐朽していることも多いので、同時にこれも修繕できます。リフォーム会社に相談してみましょう。

 

システムバスの省エネのメリット


お風呂のリフォーム最近のシステムバスは省エネのための工夫が色々となされています。

浴槽の周囲が断熱材で覆われた高断熱浴槽の場合、4時間後でも温度低下は2.5度以内に抑えることができます。

浴槽の保温性が高まるので、追い焚きを減らし、ガスや電気代の節約になります。


節水型のシャワーの場合は、シャワーヘッド内で水に空気を含ませて、水の一粒一粒を大きくすることで、効率よく洗い流すことができます。
水の使用量は従来の半分程度になり、水道代金の節約に貢献します。

 

システムバスの安全性

水で濡れた浴室の床は滑りやすく、家庭内の事故が起きやすい場所です。

システムバスの床は毛細管現象を応用した、乾きが早く滑りにくい素材になっているので転びにくく安心です。

 

また、システムバスは気密性が高く、浴室全体を断熱材でくるんだタイプもあるので、寒くなりにくくヒートショック(急激な温度変化が身体にショックを与える現象)が起きにくくなります。

また、出入口や浴槽、浴槽の跨ぎ越しに手摺をつけるとよりいっそう安全になります。

 

システムバスのお手入れ

お風呂システムバスの壁や天井の表面は滑らかで、タイルで仕上げる場合に出来る目地が無いので、汚れやカビがつきにくく、掃除をしやすいのが特徴です。

 

また、排水口のヘアキャッチャーも髪の毛を捨てやすい形状になっていたり、カビのつきやすかったドアのパッキンがなくなっていたりと、清潔に保ちやすい工夫がなされています。

 

省エネ住宅ポイントのポイントについて


お風呂
省エネを目的とした改修工事に対して、名産品やプリペイドカード、商品券などに変えることのできる省エネ住宅ポイント制度がスタートしています(国土交通省による)。

 

上記の設備設置工事はポイントの対象となります。また、同時に行うバリアフリー工事(段差解消や手すりの設置など)もポイントの対象となります。

省エネ住宅ポイントの制度の中で、浴室の交換は、ポイントの対象となる工事を盛り込みやすい工事で、ポイントを稼ぎやすいと言えます。

 

例えば、ユニットバスに交換する時に、窓1ヶ所断熱タイプに交換(1.6㎡以上の中程度の大きさ)、バリアフリー工事(出入口幅を広げる、手摺設置、段差解消)、高断熱浴槽、節水水栓、高効率給湯器に変更で、合計107,000ポイントになります。(ポイントは金額に換算すると1p=1円の目安になります。)


また、要介護の高齢者の場合、介護保険で浴室交換を対象とした住宅改修費用が最大180,000円支給されます。省エネ住宅ポイントと介護保険の住宅改修の補助は同時に利用可能です。
申請等複雑なので、リフォーム会社に相談しましょう。

 

 

 

小さなリフォーム・プチリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る