知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > エクステリア > カーポートとカーゲート

エクステリアのリフォーム豆知識

8.カーポートとカーゲート

カーポートとカーゲート


カーポートの役割

 

カーポートとカーゲートカーポートを設置するメリットは以下のような点が挙げられます。

  1. 雨の日の乗り降りや荷物の積み下ろしの時に傘を指す必要がありません。
  2. 雨風から車を守り、ポリカーボネイト屋根は紫外線もカットするので車の塗装を傷みにくくします。
  3. 積雪地であれば、車の雪下ろしや、フロントガラスに凍結した氷の除去も短時間ですみます。
  4. 設置するときはカーポートの耐雪及び耐風性能に注意しましょう。地域によりメーカーの推奨する強度を保持したカーポートがあるので、リフォーム会社に相談しましょう。
カーゲートについて

 

車の出入口にカーゲートを設けることは、車へのいたずらを防ぎ、防犯や安全にも有効です。
種類と特徴を紹介します。

  1. シャッタータイプ
    ガレージでなくても、シャッターだけを設置することは可能です。
    シャッターを格納するシャッターケースを上部にもたせて、両側を柱で支えます。
    シャッターは、完全に目線を遮るスラットタイプと、開放感のあるパイプタイプがあります。
    家の前の人通りが多い場合など、プライバシー確保に重きを置くのであれば、スラットタイプ、静かな住宅街で、防犯性能とあわせて明るさと風通しを求めるのであればパイプタイプがお薦めです。
    開け閉めの方式は手動と電動があります。

  2. 跳ね上げタイプ
    駐車中はゲートが道路側に降ろされた状態で、車の出し入れの時にゲートが上に上がるタイプを跳ね上げ式と言います。
    メーカーによりオーバードア、フライングゲートなどと固有の名称があります。
    アルミの形材を使うことが多いので、デザインは直線により構成されるタイプが一般的です。
    樹脂などを被覆して、木製を模したタイプもあり、様々なデザインのゲートも出ています。
    開閉は手動と電動(リモコン)があります。

  3. その他のゲート
    引き戸タイプは数枚の引戸を組み合わせたゲートで、左右にスライドさせて開け閉めします。
    開くタイプの門扉とも組み合わせが可能なので、デザインに統一感を持たせることができます。
    引き戸タイプより個々の扉の横幅を小さくして、折戸のように開け閉めできる折りたたみタイプもあります。
    また、伸縮するタイプもあり、完全に開けた時には、片側あるいは両側に小さく畳まれるので省スペースなのが特徴です。
    ステンレスのポールを埋めて、必要な時に引出し、チェーンを渡すスタイルもあります。
    ゲートの設置スペースの確保が難しい場合などには便利です。

エクステリアのリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る