スタッフブログ

杉並区リフォーム会社 ミスタービルド杉並のトップ > ブログ >介護保険を利用したリフォームの手順 その2

介護保険を利用したリフォームの手順 その2

本日も介護保険、住宅改修の手順の続きを書いていきます。

 

前回は
1.要介護認定の申請
2.理由書の作成
3.見積もり依頼・改修前写真の撮影
4.住宅改修費の事前申請
5.申請の承認
まで書きました。 

 

6.契約・改修工事


改修目的・工事内容・費用について、十分な説明を受け、解約内容を確認し、事前に契約書を交わしましょう。
ミスタービルドでは、お客様がご納得されるまで十分に説明をさせて頂いております。
取り付け位置、色、材質など、気になることがございましたら何でもお聞きください 。


7.完了検査・支払


工事が契約内容や図面通りに行われているか確認しましょう。
工事終了後、日付の入った改修終了箇所の写真を撮ります。
検査確認後、領収書を要介護(要支援)者本人名義で発行してもらいます。
※介護保険ではいったん全額を支払って、後から9割分戻る償還払いになります。

 

8.住宅改修費の支給


下記の必要書類を揃え、区役所介護保険課に提出します。
提出後、1か月~1か月半程で、利用者が支払った住宅改修費用のうち対象となる工事について9割が本人口座へ支給されます。

①領収書(必ず本人名義で発行。)
②工事内訳書(改修箇所の内容、金額の分かるもの。請求内訳書)
③改修完了確認書(改修後の写真を添付する用紙)

以上が住宅改修の手順になります。



リフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ